塩沢つむぎ記念館

南魚沼市塩沢は古来より良質の麻織物で知られていて、奈良の東大寺正倉院には、奈良時代に庸布として納められた塩沢の織物が今でも保存されています。そんな麻織物の技術を絹織物に応用し、江戸時代に創られたものが伝統工芸品指定を受けている「本塩沢」です。そして同じく江戸時代に、今度は真綿糸の織物が作られるようになりました。それが「塩沢つむぎ」なのです。

この塩沢つむぎ記念館は、そのような長い伝統を誇る塩沢の織物の歴史や詳細について学ぶことができる所です。

織物体験

この塩沢つむぎ記念館では、様々な織物体験をおこなうことができます。手織り、綴織り、そして裂織りと、まるで織物の歴史そのものの体験と言っても過言ではありません。また普通の織物だけではなく、織物によるアクセサリーなども作ることができます。